NEW

2019年度理事長所信

岸上秀生
一般社団法人池田青年会議所 第57代理事長 岸上 秀生

はじめに

1949年「新日本の再建は、我々青年の仕事である」戦後の混迷が続くなか、高い志をもった青年により、日本の青年会議所運動が始まりました。この熱き想いは日本全国に拡がり、ここ池田においても1963年に全国で240番目のLOMとして池田青年会議所が誕生いたしました。以来、池田青年会議所の運動は、多くの皆様のご理解とご協力をもって歴史を積み重ね、昨年創立55周年を迎えることができました。そして、本年「平成」が終わり、池田市においても市制施行80周年を迎え、新たな時代の幕開けとして、大きな節目を迎えます。歴史と伝統を重んじ継承しながらも、さらなる時代の変化を敏感に捉え、未来を見据えた改革を進め、組織の強化を図ってまいります。 本年度、一般社団法人池田青年会議所は「限界突破~挑戦を続け未来を創る~」をスローガンに掲げ、自らの殻を破り、JAYCEEらしく何事にも挑戦する気概と覚悟をもち、全メンバー一丸となって運動を展開してまいります。

未来のための会員拡大

近年、会員数の減少は全国のLOMで大きな課題として取り上げられるなか、池田青年会議所においても例外ではなく、毎年大きな課題の一つとして取り組んでまいりました。その結果、会員拡大において一定の成果もあり、ここ数年は大きな減少もなく会員数を維持しています。しかし、我々の運動をより大きく、より強く展開していくためには、会員数を増やし組織力をさらに強化していく必要があると考えます。また、会員拡大とは我々が地域の青年に意識変革を起こした成果であり、会員拡大は青年会議所で最も大切な運動の一つです。会員数の増加を我々の運動の評価として捉え、組織を維持するためだけではなく、まちの未来を考え行動する人財を増やす運動として、爆発的な会員拡大を目標に全メンバーで挑戦してまいります。
本年度、会員拡大委員会を設置し、メンバー一人ひとりの会員拡大に対する意識を向上させ、一致団結して取り組む気風を生み出すと共に、それぞれのメンバーが青年会議所の運動の意義と組織の魅力を伝えられるLOMをめざし、未来の仲間が我々とつながりをもつ機会を創造してまいります。

メンバー同士のつながりの強化

我々の運動をより強く発信するには、メンバー一人ひとりの想いが同じ方向性をもち、それぞれの力を結集しなければなりません。そして、それぞれの委員会活動を充実させるために、池田青年会議所全体の想いを束ね、盛り上げていく必要があります。メンバー同士の互いを助け支え合おうという想いが高まれば、必ず委員会は活発化し、組織全体に強く働きかけることで、より強い運動の発信につながります。困難な状況でも、仲間のために自分ができることを模索して、全力で行動できる強固な絆で結ばれた組織を実現してまいります。
そして、我々は地域に運動を発信する組織の一員として、地域のオピニオンリーダーとなるべく資質の向上に努めなければなりません。メンバーそれぞれが、青年会議所での活動を通して池田青年会議所に受け継がれてきた伝統を継承しながらも、未来を見据えられる青年経済人としての自覚を醸成してまいります。

池田の未来に向けて

現代の社会環境の変化による子供の徳育をめぐる課題は、まちの未来、国の未来に関わる問題であり、社会全体で取り組むべき問題です。近年の教育環境では、子供たちの体験活動の徳育への有用性がうたわれる反面、体験活動の減少が進んでいます。そして、子供たちが様々な課題や困難に挑み、自分の限界を体験する機会が無くなることにより、子供たちの豊かな人間性の形成に支障をきたすことが懸念されています。しかしながら、学習指導要領の改訂に伴う授業時間の増加傾向は続いており、教育現場や子供たちへの負担も大きく、問題の解消には至らないのが現状です。
我々が地域の大人として学校、家庭と力を合わせ、子供たちの徳育に関わり、子供たちが様々な経験のなかで仲間と共に挑戦することで、他者との関わりや思いやりの心を醸成し、さらにはそれぞれの限界を突破することで自尊心や自己肯定感をもつことができる機会を創造してまいります。

規範を示す組織運営

我々が活動するための基盤である「組織」とはどのようにあるべきか。長い歴史のなかで、池田青年会議所は時代に即した組織の在り方を追求してまいりました。日本全国、世界的に見ても会社や団体は星の数ほどありますが、50年以上の永きに亘って維持継承されてきた団体はそう多くはありません。これから50年100年と組織を維持し、より効率的、効果的に運動を発信し続けるためにも、自分本位の運営をするのではなく、あくまでも規律を遵守する姿勢と、脈々と受け継がれてきた伝統の継承が極めて重要であると考えます。
我々の組織運営の根幹は理事会を始めとする会議体であり、我々のすべての運動は度重なる会議を経て発信に至ります。事業背景や目的はもちろん、財政や規則、コンプライアンスにいたるまで、メンバー全員が理解し運営して行かなければなりません。
少しずつ形を変えながら、時代に即した手法を模索し、メンバー一人ひとりのスキルを向上させることで、規範意識を醸成し、さらなる組織の強化を図ってまいります。

組織への信頼の向上

池田青年会議所が誕生して以来56年間、先輩諸兄が熱き想いで展開してきた運動は、市民や行政、各諸団体の皆様からの信頼を生みだし、かけがえのない財産として受け継がれてきました。我々の世代でもその信頼をさらに積み重ね、次代に継承していかなければなりません。しかしながら、数多くの運動実績からなる信頼の一方で、認知度の広がりは未だ途上にあると考えます。組織への信頼は、価値ある運動を展開し、そこに生まれる信用を積み重ねた先に生まれます。我々の運動や想いを多くの方々に知っていただくために、戦略的な広報が最も大切な要素なのです。近年活用が進むWEBやSNSはもちろん、あらゆる媒体を模索し、伝わりやすさを念頭において発信してまいります。また、メンバー自身が池田青年会議所の一員であるという意識を高めるために、内部への情報発信も欠かすことができません。自らが属する組織が、何を行おうとしているのかを共有し、運動や活動についての理解を深めてまいります。
池田青年会議所の運動を、正確かつ効率的に内外に向けて発信し、一人でも多くの方々に我々の運動を届け、ご理解をいただくことで、さらなる信頼へと繋げてまいります。

おわりに

池田青年会議所は、成長するきっかけを与えてくれる場所であります。そのきっかけをチャンスと捉え、自分自身の成長へとつなげるには、本気で向き合わなければなりません。一歩ずつでも自分の限界に挑戦し、仲間と共に乗り越えていけば、その経験の全てが成長となり、新たな挑戦へと向かう自信につながります。成長に限界はありません。1年後の成長した自分をイメージし、挑戦を続けて限界突破を実現しましょう。仲間と共に挑戦しつづける。それこそが我々がめざす未来を創る、唯一つの道だと信じて。

一般社団法人池田青年会議所 第57代理事長 岸上 秀生