NEW

副理事長基本方針

基本方針

 

副理事長 永易 徹也

「新日本の再建は我々青年の責務である。」戦後間もない頃、強い志をもった先輩諸兄によりJC運動の一歩が始まり、戦後の復興と発展を実現しました。この池田において、JC運動が今後も力強く継続発展していくためには、所属するメンバーそれぞれが地域のオピニオンリーダーへと成長しなければなりません。そのためには、組織の質とブランド力を向上させ、JC運動への参加と成長のサイクルを創り出す必要があります。

我々JCは会議を通して学びを得る団体です。より良い事業を構築するためには充実した議論を生む会議運営が欠かせません。池田JCの伝統である厳格かつ円滑な会議運営を実現し、次代に引き継いでいくには、これまで以上に各々が責任感をもち、互いに尊重し合いながらも、建設的な意見が出るよう行うことでメンバー一人ひとりの時間を無駄にせず、より良い事業を構築していけるよう意味のある会議の場とします。

また、まちのことを想い、徹底した議論を重ね活動していても多くの方に周知できなければ池田JCのブランド力が向上せず、会員拡大や対外事業の動員数にも影響が及びます。多くの人に池田JCを認知していただくことで、我々の活動、運動が伝わり、そして理解していただき、池田JCが地域にとって必要と感じていただけるよう広報活動に取り組んでまいります。

2020年度は、副理事長として池田JCが魅力溢れる組織となるよう、メンバーの模範となり、さらに理事長をしっかりと補佐するとともに、担当委員会の運営が円滑に進むよう指導することで、委員長が輝けるようサポートしてまいります。

副理事長 橋川 隆史

我々のめざす「明るい豊かな社会」の実現には、人のため、地域のために行動できる多くの仲間の存在が必要であり、より良い事業を行うためには多くの仲間が集い、力を合わせ、地域での影響力を高めていかなければなりません。JC活動、運動は地域、業種、感性の異なる仲間が集い、一つの目的に向かい議論を交わし、共に汗を流します。その過程で生まれる仲間との絆は一生の宝です。多くの出会いがあれば成長できる機会は増え、より良い人財が増えるほど組織の質は向上し、力強く運動を展開できます。

まずは、多くの仲間を増やすために、今までの会員拡大への情熱を承継していくと共に効果的な拡大手法を学び、実践しながら持続的な会員拡大を行ってまいります。また、全メンバーがJC活動、運動の魅力を理解し、自ら発信できるようになることで池田JCの信頼と価値を高め、共に取り組んでまいります。

そして、会員拡大と並んで重要な課題がメンバーの資質向上です。まずは、JC活動、運動へ参加することが資質向上の第一歩であると考えます。しかしながら、メンバーの例会や事業への参加率は伸び悩んでいるのが現状です。このままでは組織の質が低下し、池田JCの存続すら危ぶまれます。メンバーが参加したくなる環境を整え、一人ひとりが例会や事業へ参加することでJCの基礎や意義を理解し、その上で意識を変革し、行動できる機会を提供してまいります。貴重な時間を割き、JC活動、運動に参加してもらうからには人として成長し、地域を牽引するリーダーへと成長できるよう育成してまいります。

本年度、副理事長として理事長をしっかりとサポートし、担当委員会が担いを全うすることができるよう全力で導いてまいります。会員拡大はもちろんのことメンバー同士の交流、メンバーの資質向上を推し進め、常に率先して行動し、一年間職務を全ういたします。

副理事長 山嵜 一八

近年、科学技術の進化と共に我々の暮らしは便利になっています。しかし、コミュニケーションの形は大きく変わり、対面を必要とする場が減少する中、それに伴い他者を尊重し共感する心が衰退してしまっては、豊かな人間性を育むことはできません。また、成長した子供たちが活躍する場であるまちを守り続けなければ、笑顔を未来につなぐことはできません。未来を担う子供たちの育成や、持続可能なまちづくりを行うためには、全てのつながりを大切にしてまちに笑顔を広げることが必要だと考えます。

まず、子供たちが成長していく過程ではコミュニケーション能力の向上が必要です。主体的な考え方や行動ができても、それを他者に伝えられなければ人間関係の構築は上手くできません。自分の想いを言葉や身体で素直に表現でき、相互理解を図れる豊かな表現力を身に着けるための機会を創出いたします。

そして、恵まれたまちの環境を守る意識を市民にも波及させるために、達成することで人材育成から環境保全や経済成長までの全てにおいて持続的に発展できるSDGsを推進いたします。企業や各種団体、そして個人にも参画していただき、池田市全体で持続可能なまちづくりを行うために我々池田JCが指針を示してまいります。

我々池田JCは、未来を見据えた活動や運動を続けていかなければなりません。池田JCが起点となり、子供たちの笑顔を守ることでまちに笑顔が広がりより多くの人が集まるような、無限の可能性を秘めたサイクルを創り出すべく、仲間たちが笑顔を絶やさず活動できるよう1年間副理事長としての職務を全うしてまいります。